薬剤師が転職を考える理由とは

調剤業務が少ない場合には薬剤師であっても通常の販売員と同じ業務

また、このような店舗は数が多くなっていて、調剤が医療機関の処方箋が出されればどこで受けてもいいため、対象者が薄まってしまうというのも業務量の減少に関係していて、これは利用者の利便性を求めた結果だと言えるでしょう。
以前であれば医療機関の中で調剤の医薬品を受けていましたが、これは利用者が多くなるために時間かかかると不評でした。
その状況を改善するために現行の制度が採用されましたが、これが薬剤師にとってはいい状況ではないというデメリットになっています。
医薬品を販売している店舗は拡大されていて、そのような店舗では医薬品に関する資格所持者が必須なので求人数そのものは増加傾向にあります。
しかし、そのような店舗では医薬品の販売だけでは運営を継続することが難しくなっていて、主流はやはり食料品や雑貨などの商品になってしまうでしょう。
そのために調剤業務が少ない場合には薬剤師であっても通常の販売員と同じ業務をしなければならなくなり、これが仕事に対する不満に繋がっています。
転職における説明でこの業務内容については本人に知らせていますが、実際にその業務を行うと本当にこれが自分が求めた仕事なのかと疑問を持っても仕方がありません。
どのような場合にも報酬が発生する仕事は本人の希望と食い違う部分が発生してしまい、それが離職を決意する理由になっています。
日本では職業選択の自由があるのでどのような仕事を行っても問題は無いのですが、退職すると収入の減少という現状に直結するので、簡単に判断を下すのは危険です。
資格を生かしてスキルアップをするといった目的があれば別ですが、単純に仕事内容や収入が理由になっている場合は転職を繰り返してしまう可能性があるので、慎重に行動するようにしてください。

薬剤師でありながら転職を行う理由 : 一般的な小売店で働いている場合には転職を考える人が多くなっている : 調剤業務が少ない場合には薬剤師であっても通常の販売員と同じ業務