薬剤師が転職を考える理由とは

一般的な小売店で働いている場合には転職を考える人が多くなっている

薬剤師でありながら転職を行う理由 : 一般的な小売店で働いている場合には転職を考える人が多くなっている : 調剤業務が少ない場合には薬剤師であっても通常の販売員と同じ業務

医薬品というのは人間の生命活動に多大な影響を耐えるものであり、その中でも医療機関から提示される処方箋というのは第一類医薬品という効能の高い薬を使っているため、間違って服用すると多大な影響を与えるために責任が重大であるのが給与に反映されている理由になっています。
問題になるのは一般的な小売店が医薬品を販売している店舗であり、ここで働いている場合には転職を考える人が多くなっているでしょう。
その理由は他の業種よりも給与が低めに設定されているということもありますが、業務内容に医薬品とは関係の無いものが含まれているという点です。
店舗では医薬品もありますが食料品や雑貨なども置かれていて、その種類はコンビニエンスストアやドラッグストアになります。
小売店で医薬品を販売する場合には必ず薬剤師の資格保持者が必要になりますが、業務は店舗の方針によって販売員などの調剤とは無関係な内容が含まれる場合が多くなっていて、これが転職を考えてしまう理由になっています。
資格が生かせないというわけではありませんが、他の場合と異なって明らかに医薬品を扱う時間は少なくなっていて、ここが報酬が低くなっている要因です。
ドラッグストアでは調剤を行っている店舗が多くなっていますが、コンビニエンスストアは市販薬を販売するだけの業務が一般的であり、ここが給与だけでなく仕事内容にも不満を持たれている原因になっています。

在宅の求人は、求人サイトにはなかなか載っていません。

本格的に取り組んでいない限り、書きづらいからです。

在宅の仕事内容は、施設なのか個人宅への在宅なのかによって違います。

詳しくは転職サイトのコンサルタントに確認してもらいましょう。
#薬剤師転職ノウハウ

— 薬剤師の仕事相談 (@yakuzai_secret) March 12, 2020